リハビリテーションとは?目的と効果について解説。

リハビリ(リハビリテーション)は、色々な理由で身体機能が低下してしまった人が、体の回復や身体機能の向上を目的として行われます。

実はリハビリにも色々な意味があり、同じ「リハビリ」という言葉でも、目的によって内容が異なります。
今回は目的に応じたリハビリについて解説していきます。

一般的なリハビリは「医学的リハビリテーション」

一般的に「リハビリ」という言葉は、高齢化や怪我などによって身体機能が低下した方に対して行う「医学的リハビリテーション」を指すことが多いです。

理学療法士や作業療法士、医師、看護師、言語聴覚士などあらゆる専門家がサポートをしつつ、患者の身体機能の回復に努めます。

低下した機能をできるだけ回復させ、それによって日常生活をある程度自力で送れるようにすることが目的です。

ここでいう日常生活とは、入浴であったり排泄などです。

排泄であれば、トイレ訓練といった具合です。

他の目的の「リハビリ」

リハビリには他にも以下のようなものがあります。

  • 職業リハビリテーション
  • 社会リハビリテーション
  • 教育リハビリテーション

職業リハビリテーションとは、主に障害者雇用に向けたプログラムです。
障害があっても就くことができる仕事に向けて、職業訓練をします。
訓練と並行して、職業の斡旋も行います。

社会リハビリテーションも主に障害者向けのプロセスですが、職業的な活動ではなく社会生活力を養うことを目的としています。
それと同時に、障害者が生きやすい社会の構築も模索します。

教育リハビリテーションは、障害のある人(子供も含む)の資質を開花させるためのプログラムです。
「障害児教育」や「特別支援教育」とほぼ同じ意味となります。

心身両方からのリハビリが大切

リハビリというと歩行訓練筋力訓練など、体の機能回復プログラムを想像する人が多いと思います。
もちろん身体の機能を回復することは、リハビリの大きな目的です。

しかしリハビリでは、身体機能だけでなく心理面へのアプローチも大切です。
身体機能の低下によって失われてしまった自信を取り戻し、社会生活に復帰することは、本人だけでなく周りにとっても非常に良いことですよね。

リハビリの最終目標は個々で異なる

リハビリの最終目標には個人差があります。
例えばスポーツ選手のリハビリと、そうでない人のリハビリとでは意味や目的が変わってくるでしょう。

リハビリを進める中では個々の目的に応じた、無理のないプログラムを構築することが望まれます。

リハビリするならデイサービスがおすすめ

リハビリをするならプロがいるデイサービスを利用するといいですよ。

いくつかおすすめの施設をご紹介いたします。

合同会社 ぼくら

福岡県北九州市小倉北区近郊のデイサービスなら、「貴船ザテラス」がおすすめ。

合同会社 ぼくらが運営しているデイサービスの一つです。

国家資格を有する整体師が機能訓練指導員として施術を行い、理学療法士も常駐しているので、より効果的に機能訓練に取り組めると思いますよ。

体操やストレッチなどバランス力をトレーニングしたり、一人ひとりの状態に合わせたトレーニングマシンを使ったリハビリも行っています。

お近くの方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

会社名:合同会社 ぼくら
店舗名:デイサービス 貴船ザテラス
住所: 福岡県北九州市小倉北区白銀2丁目1-19(貴船小学校正門前)
電話番号: 093-777-3326
営業時間:8:30~17:30
定休日:日曜日
最寄駅:片野駅より車3分

まとめ

リハビリを行わなくても介助を受けることである程度の日常生活を送ることはできます。
しかし多くの人にとって「自力で」日常生活や仕事をすることは大きな意味を持ちます。
心身両方の回復を叶えるために、ゆっくり、確実に、リハビリを進めていきましょう。